以下、続々と届いているご感想の中から、一部をご紹介しますね!

戦略の方法、分かった気がします。

  社労士試験 福島県 W様



こんばんは。私は約1週間前に「超・資格合格法!」を購入した、Wと申します。

コピーして毎日毎日読みました。つくづく石田先生は天才だと思いました。


同時に分かったのは、社労士試験に合格するのは並大抵な努力なしには不可能だってことです。実は私はこの試験を5回も受けているんです。

「こんな難しい試験に合格できるはずない。」と思いながらですもの、絶対に無理に決まってますね。自信も信念も弱すぎました。

1〜3回目は本当に敵のことを何も調べもしないで戦地へ向かい、もちろんただ受験しただけ、の感じでした。息子が野球部でしたので応援の方に気持ちが行ってました。甘すぎました。

4回目(16年)にはようやくカセット通信講座を受講し、勉強したつもり、しかし計画を立てるってことをしなかったため、完全に終わらないままの受験でした。

私の勉強法は間違っている、でもいったいどうすればいいの?

と、疑問に思いながらも長年やってると、マンネリ化するのでしょうか?
わからないまま、結局は同じような勉強をしてきました。

それは、通信講座のコースに沿ったものだけでした。

5回目(17年)は昨年よりかなり勉強時間をとれたのですが、あの長文の問題を見ると、頭の中が真っ白になるのです。過去問ににてるけど、あれっ、どっちだっけ?なんてものばかり・・・ 動揺しまくり、終わりました。これってどうしたら良いのでしょうか?

石田先生の教えのように、冷静に敵を調べて計画を立てることなど、先生に言われなければ気づかないのですから・・
石田先生、戦略の方法、少し分かったような気がします。
丸秘情報をお教え下さって、有り難うございます。
こういう考え方を持った方だからこそ、当然一発合格できるわけです。

私の課題は、勉強時間と勉強の質の比例ということかな?
私の夢は、自分の事務所を持って、仕事をし、幸福を感じることです。

石田先生、今回は話もとりとめなくなってしまいましたが、先生の思考に感動し、何かを伝えたかったのです。

これから、考えを一新して18年の試験に賭けますので、今後ともよろしくご指導のほど、お願い申し上げます。

こちらこそよろしくお願いします。
来年こそ、社労士試験に合格しましょうね!!
いつでもお気軽にご連絡ください。


--------------------------------------------------------------------------------


 今までの勉強の仕方では、だめだとわかりました。
  情報処理技術者試験 香川県 Mさま


超・資格合格法2006の 感想を送らせていただきます。


読んで思ったことは、資格試験に合格するためには

1.○○を明確する
2.試験の分析、自分の分析を徹底的にする
3.準備、計画を十分に行なってから勉強する

をしなければならなということです。

特に石田様の分析の細かさには驚きました。
合格するためには、ただなんとなく勉強すればできるというもの
ではなく、徹底的に分析し、計画をたて、実行しなければなら
ないということです。

今までの私の勉強の仕方では、全然だめだということがわかりました。
いろいろな点について気づかせていただき、ありがとうございました。

資格試験は分析が重要です。逆に言うと、分析が完璧に出来れば、合格はぐっと近くなります。試験日までの道は長く険しいですが、どの道を通れば最短コースを歩めるのか…それを明らかにすることが、非常に大切なんですね〜。

--------------------------------------------------------------------------------


 やっと自分なりの勉強方法を見つけることができました

  司法書士試験 東京都 Hさま


『超・資格合格法2006』は、購入してから、3回ほど読みました。石田様もご存知の通り司法書士試験は、科目数が11科目であり、かつ出題範囲が広範です。昨年7月に司法試験の論文試験を受験した後に不合格を確信し、司法試験から司法書士試験に乗り換えました。

現在自分は43歳、且つ本格的に資格取得を目指すために昨年末で会社を退職しました。自分なり新たに人生をやり直すために一念発起して勉強するつもりで、予備校の基礎講座をオークションで格安で購入して2ヶ月間でインプットを終え、過去問を解き始めましたが、司法書士の過去問は24年間分もあり、2回回しても正答率が3〜4割程度でした。そんなできない自分が嫌になり、自暴自棄になっていた時に『超・資格合格法2006』を見つけて購入しました。

マインド=自己分析が不十分だったんですね。レポートを読んで、デスクの前に「人生の○○」「○○○○」そしてなぜ自分が会社を退職してまで資格取得を目指そうとしたのかを書いた紙を張りました。そしてレポートに書かれていた通り、司法書士試験を分析し、戦略を練り、計画を立てました。現在某予備校の答練を申し込んでいましたが、答練範囲を無視してひたすら自分の立てた計画に従ってインプット→アウトプットを繰り返しています。やっと自分なりの勉強方法を見つけることができました。やはり自己分析、モチベーションの維持が重要だと痛感しました。

本試験まで残り5ヶ月間あまりですが、何とか一発合格を果たしたいと思っています。そして幾つになっても人生を変えることができるということを証明したいと思います。

 一発合格、頑張りましょう! 自己分析、モチベーション、とても大切です。今後も追加レポートの中で、様々な情報をお届けしていきますね。今後ともよろしくお願いします!

--------------------------------------------------------------------------------


 読んでよかったと心から思います。
  会計士試験 長野県 G様


お世話になります。
先程「超・資格合格法」を読み終わりました。
○○→○○への昇華というのがまず心を打ちました。
○○を書き出して事あるごとに唱えることにより、その思いを強く意識に焼き付ける方法はとても参考になりました。
是非実行したいと思います。
出口を決め、自己の分析まではやってみました。
しかし敵の情報分析には全然手をつけていません。
会計士の通信講座を申し込んだばかりでまだテキストもほとんど送られて来ていません。

今のうちに本屋で基本書を買ってみて自分なりの分析をしたり、インターネットで情報を集めたりしたいと思います。

言い訳になってしまいますが、私は10代の頃勉強したくても勉強できませんでした。
学歴コンプレックスというか、知性が無いということが長く私の心にどす黒く燻っていました。
また社会に出て数年働きましたが対人関係で躓いてしまい、ドロップアウトしてしまいました。
私もこのままで終わりたくないと強く思っている人間なのです。
自分で自分を認められる人間になりたい。
それが会計士試験を目指す一番の動機ではありますが、年齢の問題もあり、資格を持っていなければ就職できないでしょう。
だからといってこれほど超難関の資格を目指さなくてもいいだろうと言われそうですが、私は持てるだけの力を出してやってみたいのです。
「絶対に合格する!」と信念を持ち、それを真にするためにあらん限りの知恵を絞り、頑張ります。
石田さんのレポートを読んで、火がつきました。
独学で粘り強く勉強され、見事一発合格された事に本当に尊敬致します。
スランプはあっても「絶対に諦めなかった」姿に非常に勇気付けられました。
読んで良かったと心から思います。
ありがとうございました。

ありがとうございます。会計士試験は難解ですが、頑張っていきましょうね!


--------------------------------------------------------------------------------



 「戦略・戦術」について構築してみます。
  社労士試験 熊本県 I様


「超・資格合格法」拝見させていただきました。

私は「社労士」試験にH15年度 初めて受験し H17年度 二度目の受験をしました。(いづれも資格の予備校:VTR講座視聴です。)

いづれの試験でも「戦略・戦術」に時間を費やさずに受験していたように思いました。再度 マニュアルを読み込んで「戦略・戦術」について構築してみます。これから資格取得と取得後の事についてご相談することが多々あるかと思いますが、何卒よろしくお願い致します。

戦略・戦術は大切ですよ。
来期の試験に向けて頑張りましょうね!


--------------------------------------------------------------------------------


 今まで自己分析せずに勉強してきました。
   静岡県 H様


石田さん、こんにちは。

昨日 ざっと目を通させていただきました。
 
今まで計画すら立てず、自己分析もせずに勉強してきました。

しかし、それは基礎も造らずに家を建てるようなものだと理解しました。

これから じっくり読み返します。

ありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------------


 どうして今まで教えてくれる人がいなかったのだろうと思います。

  H様


資格合格法と聞くと勉強法というイメージがありますが、石田さんのe-bookはそれだけに留まらず、
むしろ、勉強法以前の部分に重要性を置いているのが素晴らしいと思いました。
勉強が継続しない人は私も含めてたくさんいると思います。
学校の先生はそういう生徒にも継続できる生徒にも同じように指導しますよね。
さまざまな生徒がいて、それぞれに勉強の仕方が違うはずなのに。
継続は力なり。勉強しないから成績が伸びないのだ。勉強すれば伸びる。
間違いではありませんが、しかし、何故継続できないのかを指摘できる先生はいないでしょう。
その生徒が悪いかのようにしか言えないと思います。
それが常識のように思ってきた私は、勉強できる人を羨み、どうして自分は頑張れないのだろうとばかり考え、こんなこと考えてる時間に勉強しなきゃいけない、でも、・・・したくない。という悪循環を続けてきました。
この疑問、悩みの答えが石田さんのe-bookには記されていました。
どうして今まで教えてくれる人がいなかったのだろうと思います。

嬉しいお言葉…ありがとうございます。
結局、資格に合格できるかどうかは、試験日までモチベーションを維持できるかにかかっているわけです。それを重視しないで勉強を行っても、成績は伸びないんですね。実体験からもそれが分かります。


--------------------------------------------------------------------------------


 「このままじゃ、いけない!」という気分になりました。

  宅建合格者 愛知県 Y様


「モチベーションの維持」、これ大事ですよね。
試験勉強に限らず、人生においても。

現に、私の友人は○○○試験を受けようとしていますが、膨大な量に圧倒され、だんだんやる気を削がれてきています。

やはり、モチベーションを維持することは大事ですね。
あとは戦略。ほとんどの試験は、結局のところこの2つですよね。

その点を、詳しく解説されているので、すごく良い内容だと思います。

受験生ではありませんが、私も「このままじゃ、いけない!」という気分になりました。

職安や転職の話も、興味深かったです。行政書士や社会保険労務士は、会計事務所での需要もあるんですね。

これは、全く知らなかったことなので参考になりました。

思えば、受験生は、取得後のプランをあまり考えていませんからこういう、就職・転職に関する情報は、貴重かもしれません。

ありがとうございます。ノウハウは勉強法だけに留まっていません。資格の需要や活用法についてまで言及しているわけですね。資格を用いて転職、就職を考えている方にも必見の内容となっています!


 ただし上記の感想、そのほとんどが今回のノウハウのものではないのです。

 実は…前作をご購入いただいた皆様のお声です。

 今回のノウハウは、前作を踏まえ、更にパワーアップした形になっています。

 資格試験の前後、将来性のある資格の見抜き方、資格の有効利用法まで、資格試験についての様々な箇所を網羅した完全版となっています。
インフォカートと無料ブログで稼ぐ!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。